髭が剛毛でカミソリのほうが負けている

 
896b60315692c0285d975e93a60a905d_s
 
20代後半くらいから髭が濃いなとは思っていましたが、30代後半になると髭の濃さは半端ない状態になっていました。一番すごいのが顎の下で、喉仏の下のほうまで髭が生えてきています。
 
一番困るのが、ひげ剃りの刃でうまいこと剃れないことです。何か剛毛らしくて、1回だけじゃ全然剃れて居ない状態です。顎の下は非常に剃りにくいということもあって、かなり時間をかけたひげ剃りになってしまいます。
 
しかも安い使い捨てタイプのひげ剃りを使っていると、数回使うだけでも切れ味が悪くなります。髭のほうが刃物に勝ってしまう、そんな感じすら受けます。
 
ひげ剃りが使い物にならなくなるのは、隙間にヒゲが入り込んでしまうこともあり、流水では流し落とせません。カミソリ負けという言葉がありますが、負けているのはカミソリのほうです。
 
ひげ剃りが難しいので、もうひげ剃りのたんびに流血しています。人呼んで、流血ひげ剃りデスマッチです。
 
こんなふうにひげ剃りが面倒なので、ひげ剃り回数はどうも減りがちです。人にほとんど接しない仕事や生活をしていますので、それがさらに髭を濃くする原因になってしまいます。
 
いっそのことひげ剃りなんかやめてしまえ、そう思っても、なにか剃らないと不快なこともあるからやめられません。
 
今後も濃い髭との格闘は続きそうなので、髭が薄くなると評判のゼロファクターを使って少しでも効果があればと思っています。